事業の強みを一言でまとめる

おはよーございます!
売れるメルマガマーケティング=
メルマケ!のちーさん、こと酒井です。

今日から五月。令和になって1年。
激動の1年目でしたね…(^^;)

<事業の強みを一言でまとめる>

今日もメルマガ読者さんから
いただいた質問に答えていきます(^_^)

↓↓↓↓↓

「事業の強みを一言でまとめる」
酒井さんが思うコツはありますか?

↑↑↑↑↑

質問ありがとうございます~。

んー、そうですねぇ。
事業の強みを一言で…

これがうまくできると、交流会でも
バシッと相手の興味を引くことが
できそうですね。

僕の場合は事業がいくつかあるので
それごとに違ってくると思いますが、

・通翻訳業界専門コンサル「カセツウ」
通訳者・翻訳者のマーケティング手法を
専門に教えている「唯一の」スクールです

とか…

・売れるメルマガマーケティング「メルマケ!」
初対面30分で30万円のサポートが
申し込まれるメルマガの秘訣を教えてます

とか…

例えばこんなのはどうでしょうね。
「おー」と思ってくれる人もいるだろうし、
「ふーん…」くらいの人もいるかも(^^;)

ま、「正解」は僕にはわかりません。
でも実はこの認識が大事かと思います。

つまり、「正解なんてない」という
前提でいろんなアイデア、いろんな
「一言」を考えてみて、そして、それを
どんどんいろんな人に伝えてみる、
それがいちばん「正解に近づく」
方法じゃないかなと思ってます。

実際に伝えた相手の反応を見ながら
「あ、これはいい反応だな」とか
「どうも伝わってないな」とかを
いかに早いサイクルで回していくか。

早ければ早いほどどんどん
「いい一言」に近づいていきます。

あとは、最初から「いい一言」を
探そうとするんじゃなくて、まずは
「要素」「強みのタネ」をひたすら
書き出すのがおススメです。

あなたの事業の特徴、強み、要素、を
思いつくままフセンに書き出して、
そうですね、100枚くらいは書き出しましょう。

この時点では、
「これは強みになるだろうか」とか
「これはあの人の方がすごいよね…」とか
「これはしょーもないか」とか、
そういう「評価」は一切しないこと。

最終的にその要素を使うかは
あとから考えてみたらいいです。
とにかく書き出すこと。

で、書き出されたその100枚を眺めて、
「誰に対して強みを見せたいのか」を
想定・設定してその相手に刺さりそうな
要素を数枚選ぶ、そして組み合わせる…

そんな手順がいいのかなと。

これは「事業の強み」に限らず
「事業者としてのプロフィール」を
書く時も使えます。

「あなた」の要素、強みのタネを
100枚書き出して、そこからまた
誰に伝えるか次第で数枚選んで
プロフィールに使う…ってこと。

拡散 → 集約、ってやつですね。

+++++
今日のヒント: 一言にまとめる前に「100言」出そう
+++++

ちなみに強みっていうのは
「組み合わせ」もとても重要です。

それひとつでは強みにならなくても
3つかけ合わせれば誰もマネできない
強みになったりします。

カセツウで言えば、僕よりよほど
マーケティングが上手な人もいる、
コーチングが上手な人もいる、
通訳翻訳業界に詳しい人もたくさんいます。
が…

マーケティング
  x
コーチング
  x
通訳翻訳業界の経験

この3つを組み合わせれば、
僕より上の人はいないと思ってます。

「組み合わせ」もぜひ意識してください。

メールマーケティングのメルマケ!
酒井(ちーさん)
2020.5.1

P.S.
この本、超おススメです。
「組み合わせ」の考え方が
すごく理解できると思いますよ。

「必ず食える1%の人になる方法」
https://kase2.net/gp/uM0pdB6/32gjs5/q9mjeyp/

------------------------------

<リアルタイムでメルマガを受け取りたい方はコチラから>

*マークの項目は入力必須です。
メールアドレス* 
The following two tabs change content below.
Kuroi
最新記事 by Kuroi (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA