「買わない理由」を並べ立てよう

おはよーございます!
売れるメルマガマーケティング=
メルマケ!のちーさん、こと酒井です。

スーパーのペット用品売り場でのこと。

<「買わない理由」を並べ立てよう>

猫用のおむつを見てたんです。

僕のじゃないですが、親戚のところに
手術の影響でおむつが必要なコがいて。
で、その買い物に付き合っていた時…

「サイズはどれだろう…」

S、M、L、とかがある。
男の子用、女の子用、とかもある。

「サイズはどれだろう…」

で、僕らが取った行動は、
「わかんないから今日は
買わないでおこう」でした。

適当に買って「使えませんでした」で
返品できるものじゃないですからね(^^;)

つまり、この場合の僕らの
「買わない理由」は
「適切なサイズがわからないから」。

こんな風に、興味を持ってくれた
見込み客がその場その時で商品を
買っていかないのには理由があります。

そういう理由を「先回りして」
潰していかないと、なかなか
「買おう」には至らないんですよね。

で、そういう「買わない理由」、
ちゃんと言語化してますか?
そして、その対策、してますか?

っていうのが今日のテーマ。

対策を考えるにしても
正しい理由を把握しないと
立てられません。だから、
まずはその理由を把握するところから。

+++++
今日のヒント: 「買わない理由」を言語化しよう!
+++++

ところでその猫用おむつですが、、、

上に書いた通りその場では
買わなかったんですが、その商品の横に
紙製の定規がぶら下がっていて。

つまり、サイズがわからないお客には
これを持って帰ってもらって計らせる、
で、「このサイズだ」ってわかった上で
再度買いに来てもらうようにしてると。
なるほどな、です。

ちなみにこれってコーチングや
コンサルティングにも通じますね。

わからないことを課題として
持ち帰ってもらって、
「じゃあ次回のセッションで
次に進みましょう」みたいな。

という感じで紙の定規に代わるもの、
考えないとですね(^_^)

メールマーケティングのメルマケ!
酒井(ちーさん)
2020.5.3

------------------------------

<リアルタイムでメルマガを受け取りたい方はコチラから>

*マークの項目は入力必須です。
メールアドレス* 
The following two tabs change content below.
Kuroi
最新記事 by Kuroi (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA